嘘にも本当にも惑わされない情報との付き合い方

思考と情報の片づけで仕事と暮らしの仕組みづくりをサポートする

DSlowLifeまるもかよ です。

昨日は3月11日。東日本大震災から9年です。

私にとってこの震災は、情報に溺れるという初めての体験をして、情報との関わり方を大きく変えるできごとでした。


あの日、あのとき、何をしていましたか?

わたしは大阪府豊中市で確定申告提出の後、気になっていた喫茶店でランチを食べて帰宅して、ホッと一息ついたら地震を感じました。

地震に鈍い私が感じるくらいだから、近いのかなと思ってテレビをつけたら、震源は遠い三陸沖で、ただならない雰囲気が漂う中、津波の報道。見たこともない映像に理解できないショックを受けました。

すぐに気になったのは、リアルだったりブログで知り合った人だったり、被災したかもしれない方々の安否。

当時使っていたSNSはTwitterで、Twitterには刻々と様々な情報が流れてきます。

知り合いの安否情報を求めるもの、ご自身の現状、避難所の情報、物資提供の情報、被害状況、ライフラインの状況、そしてデマ…

毎日、毎日、刻々と大量の情報が溢れていました。

わたしは大阪でただ大量の情報に溺れそうになっていただけで、何もしてない、被災もしてない、不便もなくそれまで通り暮らしているのに、心も身体もヘトヘトでした。

知れば安心ではない。本当のことでも不安になる。

東日本大震災は、わたしには情報との付き合い方の転機となるできごとでした。

知らないことが不安なら知ればいい、そのためには情報収拾だ!というのが、それまでのわたしの常識だったように思います。

でも、実際には、情報が本当だろうと嘘だろうと、不安になるし振り回されました。科学的で論理的な裏付けがあったり、公の発表だったり、信じられる情報だとしても、知れば知るほど不安になるという状態に陥って、結局、意識して情報から離れることで不安が薄れていきました。


知れば不安が減ると思っていたのに、おかしな話です。

それまでの自分の常識が通用しなくなり、自分が情報とどう付き合っているのか気になるようになりました。

自分に使える情報は疲れない。3つの基準で付き合う情報を決める

そうして気づいたのは、情報か本当か嘘かよりも、自分が思ったように情報を使えているかどうかの方が、情報に振り回されずにいられるということです。

自分がどう感じるのか何をするのか、そういう自分を望んでいるのかを考えて、情報を使うかスルーするかを決めると、情報との付き合いが楽になりました。

一言でいえば、情報を手にしたらちょっと考える癖をつけるということです。

考える癖をつけるには考える基準を持っておくとやりやすいです。

今のわたしの基準は3つです。

  1. 自分に起きている問題を解決するために自分にできることか?
  2. 興味関心を駆り立てられることか?
  3. 感動することか?(好き・かわいい・笑える・泣ける…)

情報よりも自分が大事。

自分に効く情報を選んで付き合いましょう。


頭の中の整理はコチラ↑
頭の中の整理はコチラ↑